« ライダープロデューサー、平山亨さんとの思い出と交流 | トップページ | アメリカ人との交流を深めたくれた、ヒーローの仮面 »

2007年1月31日 (水)

コマーシャルのアクション監督

先月、「アジア・ゲーム」というコマーシャルのカラテシーンのアクション監督を担当し完成品を今日見てみた。

 当日は空手の型をエンターテイメント風に見栄えを良くし、吊りなどを使って空中でダブルの足刀シーンを入れたりした。イメージはブルース・リーの「燃えよドラゴン」のラストシーン(だったかな?)で、リーが城の上から空手軍団を見下ろすシーン。監督と打ち合わせて多めに空手の型やスパーリングも撮影した。CGI処理で多彩なシーンが生まれている。実際に使われたスクリーンタイムは20秒にも満たないが、テンポが良くて俺的には満足している。

 撮影現場の俳優は10人に満たなかったが、フィルム上では、100人ぐらいいるように見えるトリック。是非ごらんアレ! http://cwuw.com/  (City films asian games 2006)

No pain, no gain!

|

« ライダープロデューサー、平山亨さんとの思い出と交流 | トップページ | アメリカ人との交流を深めたくれた、ヒーローの仮面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209774/5160566

この記事へのトラックバック一覧です: コマーシャルのアクション監督:

« ライダープロデューサー、平山亨さんとの思い出と交流 | トップページ | アメリカ人との交流を深めたくれた、ヒーローの仮面 »