« アーツアクター出身の人気者、「オースティン・パワーズ」のバーン・トロヤー | トップページ | 2000アクセスありがとう!嬉しいけど悔しい土曜日 »

2007年3月 9日 (金)

質感すごい、村枝ライダー

今日のロスは曇り空。今週から夏時間といって、1時間早くなるので、体調を整えるのが面倒といえば面倒なのだ。今週日曜日はビバリーヒルズのタウンフェストで、サムライアクションのキッズグループがパフォーマンスなので、天気が気になります。
 さて、最近ミクシーを始めたんだけど、旧友&業界人、いるわいるわ。そのコミュニティーに「仮面ライダーSpirits」があるので、即参加。俺はとーぜん村枝賢一先生の書く村枝ライダーの大ファンです。好きな所を上げればキリがないけど、ズバリ言って全部好きなのだ。とりあえずアクションBAKAの範疇では、ライダー衣装のディティールが強烈!
 一号、二号ライダーの面を固定する顎のゴム止め。覗き穴のビス止めの描き込み。中でも「うわ~っ」と驚いたのが、一号、2号のムネ筋の下にある、型を取る時の穴まであるじゃん!思わず自分の持っているライダー本を開いて確認してしまった。(俺もヲタ、入っている。)
 大野剣友会に入門し、本物の初代ライダーの仮面を見た時、神々しい感じがして「これで本当に変身できるんだあ」と身震いしたことを思い出す。仮面はFRP樹脂製で、赤い目が垂れていて、何かを語りかけている様に見えるから不思議なのだ。被ると大きくてかなり重い。その重みと存在感が、正に村枝先生の描く「ライダーspritits」に滲み出ているのだ。
 今は亡き原作者石ノ森章太郎先生がこだわったドクロ。そこからデザインが始まったライダーの仮面。人間の最後に残るその形が、俺達の胸に響いてくるのかもしれないね。

|

« アーツアクター出身の人気者、「オースティン・パワーズ」のバーン・トロヤー | トップページ | 2000アクセスありがとう!嬉しいけど悔しい土曜日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。