« メチャもて! 唐沢寿明さんのライダーマン | トップページ | 私の正体、それはミラーマン! »

2007年3月23日 (金)

ヒーロー像は変わった!仮面ライダー電王

仮面ライダー雷王を見た。俺、腰抜かしました。あんなヨワッっちい男の子が、平和を守るなんて・・。っといったら、世の若いママにぶっ殺されるとほど、日本では人気があるそうだ。オモチャの売れ行きもいい、視聴率も高い。

 でも、まてよ、今のスパイダーマンだってヨワッっちいじゃん・・・!?

そう、時代は変わったのだ。

俺たち60年、70年代生まれのヒーローは、女の子に頼っちゃいけないし、ましてや恋なんてとんでもない!女の子は守られる役と相場が決まってた。でも今は、男も女も平等、いや男も女に頼らなきゃ生きていけないのを表に出してこそ、「カワいい人!」っと思われて、「強がってても、私にだけ本音を見せて、フラっときちゃう」って感じなんだろう。俺達が、ヒーローに憧れた姿は、

木枯らし吹き荒れる、ひょうしょうと・・・。独りゆく、独りゆく、仮面ん~ライダ~あああっ・・・

だったんだよなあ。

 仮面ライダーV3を演じた俳優の宮内洋さんが

「孤独で、武器を使わない!これがライダーだ!」

っと言ってた。うん、独りゆくのが男のかっちょよさだった。たった一人で闘うライダーの姿を見て、惚れたんだけど、今の時代はリアリティがないんだろうね。アクションも跳んでる時間の方が長いって印象だし。身近で新しいライダーも素晴らしいけど、そうだ!今度はターミネーター系の屈強で、クールなライダーが見てみたいと。それってありだよね。

blogランキング参加中。クリックお願いします!

|

« メチャもて! 唐沢寿明さんのライダーマン | トップページ | 私の正体、それはミラーマン! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。