« 北京で議論を呼ぶ、ジャッキー・チェンのスタント問題 | トップページ | 香港アクションから見る、人間の面白味 »

2007年4月13日 (金)

二つの大問題!ジャッキー・チェンとユン・ピョウ

 俺のブログのコメントで、三影さんから「燃えよ!ドラゴンのブルース・リーのダブルはユン・ワー」と言われ、プロフェッショナル、アクションヲタの俺は、

「ええっ!!」

と、驚きまくった。もう20年以上も、ジャッキーの相棒のユン・ピョウだと信じていたのだ。ネットで調べると確かにユン・ワーっぽい。

 俺はどんな映画を見ても常に、

あ、これはスタント!あ、目線があってない!照明違うじゃん!!

 とか言ってしまい、ワイフに

シャラップ!

と叫ばれる。でも、スタントつかっちゃってるシーンは絶対わかってしまうのは、習性なのだ。それだけに、ブルース・リーのダブルはユン・ピョウじゃないと言うのは衝撃だ!後姿、頭の形を見てユン・ピョウと判断していたので、真相はどうなのかと未だに思う。

 更にジャッキーのスタント使ってない発言は、ちょっと驚いた。

これは、こじれるなあ・・・。

だって、見れば白黒はっきりしちゃうじゃん。一般人にはどうでも良いことだけど、アクションヲタとしては、大問題だ!

No pain, no gain!

blogランキング参加中。クリックお願いします!

 

|

« 北京で議論を呼ぶ、ジャッキー・チェンのスタント問題 | トップページ | 香港アクションから見る、人間の面白味 »

コメント

彼としてはスタント使ってない!って言いたいんでしょうね〜。でも、それだけ擦れてない観客が多いって事かもしれませんね。擦れてない観客だからこそ、業界の裏事情を知らないから、アクターが全てのアクションをやってるって信じられてるんですよね。でも、ある意味その方が成功かも。

何にしてもとっても興味深いエントリーです。

投稿: mika | 2007年4月14日 (土) 00時02分

なんと言っても、香港アクションの流れを作ったのはユン・ピョウ、ジャッキー・チェン、サモハン・キン・ポーの三人。それだけに、今回の問題は彼らの名誉に関わってきますね・・。

投稿: Michi | 2007年4月14日 (土) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北京で議論を呼ぶ、ジャッキー・チェンのスタント問題 | トップページ | 香港アクションから見る、人間の面白味 »