« アメリカンキッズはダイナソー命! | トップページ | アメリカのTV規制 »

2007年5月14日 (月)

え!顔殴っちゃいけないの?!

 ハリウッド版、仮面ライダーのアクションをやった時、メチャ驚いたのが、

顔、殴っちゃだめ!! 

だった。なんせ、TVコードがとってもうるさくて、そんな暴力シーンを見せたら、子供がグレルって!

なわけ、ねーじゃん!!

と反発したけど、TV局の意向だからどうにもならない。アクションを組み立てるのには、マジ四苦八苦した。殴るのは胸だけで後は全部よけとか、ブロックだけなのだ。

なんとか、アクションを組み立てるけど、やっぱ絵柄が弱いんだよね。これには、ある訳があった・・。

(To be continued)

No pain, no gain !

blogランキング参加中。クリックお願いします!

|

« アメリカンキッズはダイナソー命! | トップページ | アメリカのTV規制 »

コメント

大人向けの映画じゃああれだけ派手にアクション
やってるアメリカだけど、子供向けに関しての規制は
厳しいようですね。

自分が持ってるゴジラのアメリカ公開版ビデオでも
「モスラ対ゴジラ」の欲に目が眩んだ悪人達が殴り
合うシーンや銃を撃つシーンはカット。
「メカゴジラの逆襲」も宇宙人とインターポールの
捜査官が銃で撃ち合うシーンじゃ撃たれた宇宙人の
シーンがカットされてます。

ちなみに香港もブルース・リーやジャッキーチェンの
映画は小さい子供は観ちゃいけないそうです。

投稿: 三影龍太郎 | 2007年5月17日 (木) 03時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカンキッズはダイナソー命! | トップページ | アメリカのTV規制 »