« ジャッキー・チェンのコマ落とし | トップページ | 得するって一番ヤバイ?! »

2007年6月 1日 (金)

人生の岐路は神が導いてくれるのかなあ?

ハリウッドのTVって、実現する前にパイロットっていって試作品を必ず作る。

パイロットのアクション監督も、結構やったけど、一番おおきかったのが、スピルバーグプロデュースのアクションTVシリーズ。「香港カフェ」って番組だった。

内容はミッシェル・ヨウとかのフィルムを絡めながら、香港のアクション女優を使って、アクションをみせるというもの。

今いち良くわかんない内容で、TV番組にはなんなかったけど、ドリーム・ワークスのプロデューサーがきたときは、なんか凄いお洒落しててベンツできててびっくりした~~。

残念ながらあれはTVシリーズにならなくて残念だったけど、あれがTVシリーズになったら今頃サムライ アクションはないかもしれん。

何が功を奏するかわかんないけど、人生って岐路別れるときってあるもんだよなあ。

神がその進路を決めてくれるような気もするし。人生ってほんとに不思議!w

No pain, no gain !

blogランキング参加中。クリックお願いします!

|

« ジャッキー・チェンのコマ落とし | トップページ | 得するって一番ヤバイ?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジャッキー・チェンのコマ落とし | トップページ | 得するって一番ヤバイ?! »